オールインワン化粧品を使うとモロモロになる!原因と改善策

オールインワン化粧品を使うとモロモロになる!原因と改善策

オールインワンモロモロ問題

 

どうして?!オールインワン化粧品でモロモロが出る理由とは

 

オールインワンゲルやオールインワンジェルの浸透力を高めるため、肌の上でくるくる塗りこんでいると垢のようなモロモロが出てきた経験は多いのでは?

 

オールインワン化粧品でモロモロが出る理由としては

 

・オールインワン化粧品の使用量が多すぎる

 

・手で強く擦りすぎている

 

・モロモロが出やすい成分が使われている

 

といった原因が考えられます。

 

1回の使用量や擦り過ぎによるモロモロは、オールインワン化粧品に限った話ではないものの、1ステップケアだからこそ、つい心配になって過剰なお手入れをしまいがち。
例え1回の量を増やしたり強く擦ったからといって、保湿成分や美容成分の効果や浸透力が高まることはないので、適量を優しく肌の上で馴染ませていきましょう。

 

また、化粧水や乳液、クリームとは違い、水分と油分の両方をあわせもつ成分のオールインワンは、粘性を高めるカルボマーという成分を使うことが多いです。
このカルボマーは皮膚に直接吸収されにくいため、肌表面にモロモロとなって出やすい特徴があり、この点で言えば「オールインワン化粧品だからこそ」と言えるかもしれませんね。

 

オールインワンモロモロ問題が気になるなら、使い方を見直そう!

 

オールインワンゲルやオールインワンジェルのモロモロとしたカスが気になる人は、改めて1回の使用量を減らし、保湿が物足りない場合は少しずつ重ね付をしてコントロールしていくのがおすすめ。
そして、薄いベールを伸ばすように優しくゲルやジェルを肌の上で伸ばしていきましょう。

 

また、正しい使い方をしているのにカスが出てしまうなら、カルボマー不使用のオールインワン化粧品を選ぶのが良いですが、カルボマーは界面活性剤の代用品として使われていることも多いです。
低刺激にもこだわりたい女性なら「モロモロを防ぐあまり、別の成分で肌荒れを起こしてしまった。」とならないように注意しましょう。

 

 

新しいオールインワン化粧品でモロモロが出たらガッカリ!
だけど、使い方をちょっと変えてみるだけで、そのモロモロは改善するかもしれませんよ?


この記事をシェア